土佐備長炭一 ブログ

天井の叩きあげ

 |  | 

天井の赤土を押したり揉んだり、小さな木槌で叩いて整形していきます。

そして、天井を親指で押して硬さを感じる程度まで乾燥すると、平な木槌で叩き締めていきます。

ここからが、天井づくりの本番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)