土佐備長炭と薪の製造と販売をしている、土佐備長炭一の近藤寿幸です。

昨日(12/6)は、遠路はるばる福岡から親子で備長炭づくりと西岡栄吉という男に逢いに来てくれました。

『目標はないし、勉強をする意味がわからない。』とその子は言います。

勉強をしなかった僕にはわかる。わかるけど、勉強はした方がしないよりは絶対良いよね。

この時にパッと出てこなかったけど、勉強(問いは宿題だけど)する理由について、イチローがこんなことを言っていたのを思い出した。

『やりたくないことを、やれるようになる訓練』

西岡栄吉という男の話から始まり、日頃、何を意識しながらどんな取り組みをしながら働いているのかということなどを、14歳の子と母親に伝えました。

時代は変われど、『目標がない』と言わせてしまうのは大人のせい。反対に『目標がある』と思わせるのも大人。

僕と西岡さんの話を聞いて、14歳の男子にとって一つでも言葉が届き、一つでも多くの選択肢ができればと切に願います。

『成功するからワクワクするのではなく、ワクワクするから成功する』

『目標がない人は、目標を持てるための情報を得る行動(人、本、言葉に出会う)をする』

『迷っている人、目標がない人は、一生懸命生きることで、やりたいことがみえてくる。』

大嶋啓介さん、ひすいこうたろうさん、イチロー選手、本田圭佑選手、学校の先生本当に誰でも良い思う。目標になる人物に出逢うことが出来れば。

#土佐備長炭一 #備長炭 #土佐備長炭 #tosabinchotanichi #tosabinchotan #binchotan #人との出会い #目標を持つ意味 #学ぶ意味 #自分の人生は自分しか生きられない

#教えてイチロー先生

YouTubeは以下をクリック!