布団に入るなり、意識が無くなるように眠りについた。気づくと3人の子どもに囲まれて身動きが取れない違和感で目が覚めた。時計を見ると23時30分。

実習生に合わせて山から木の切り出しから始めた現場実習も大詰めを迎えました。

久しぶりの窯出しということもあり、西岡さんの力の入りようが凄かった。何よりも実習生の影響力が凄く大きかったように思う。

だって、いつもの西岡さんより動きがすこぶる良かった。実習生の動きに感化されたのか、負けてはならないと思ったのか、はたまた先輩風を吹かせたかったのか…笑 何はともあれ、実習生が西岡さんの可能性を引き出したのは事実。『もっと出来るよ。』と言わんばかりにフットワークが軽くて周囲の状況を見ながら仕事に励む西岡さん。はじめての窯出しにワクワクしながら、流れに身を任せるように淡々と仕事をこなしていく実習生。好影響を与えながら動いている二人を横目にニヤニヤする椎茸サトシと近藤。

本当に楽しかった窯出しでした。今までで一番。シンプルに楽しかった。

『君の心に熱くもゆる炎』先日、中学時代の恩師の授業タイトルが頭に浮かんだ。

 

みんなに感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとう。