高知県安芸市で土佐備長炭の製造と販売をしている近藤寿幸です。

コロナで世界中が大混乱ですね。土佐備長炭一も大打撃を受けている最中です。命あっての経済なので、今を耐え忍ぶしかありません。そして、今だから出来ることを今やっています^_^

今日は、原木を窯の中に入れる『窯くべ』をやっています。休憩中、栄ちゃんからまるで詩人のような言葉を頂きました。

恩師ー、備長炭と私の人生が重なってみえるがですよ。

私は恩師と出会って、初めて生きる楽しさを知りました。新しい命を恩師に吹き込んでもらったような気がします。今が人生で一番楽しい!

備長炭って、恩師が樫の木に新たな命を吹き込んで、備長炭になって沢山の人の役に立っている。

私はそんな樫の木になりたいがです!

樫の木になって備長炭になって、色んな人の役に立ちたいがです。

生きていて本当に良かったです!

こんな素敵な表現をする栄ちゃんに僕は感謝です。

 

毎回毎回、窯くべが上達する栄ちゃん。
よっしゃー!!の声が大きくなってきました笑