この間、吉良川の炭職人のおじいちゃんに言われました。

炭を焼く中で、なんでもかまんということはないがぞ。道具にしろ、薪にしろ、赤土(天井に使用する)にも向き不向きがあって、えい炭を焼くには、それに適したものと努力を重ねることが大切ながぞ。

と。

研究と修養に励ます!